FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

IVL8th Round4 - エクスチェンジサクリファイス

IVLを振り返って ③ -エクスチェンジサクリファイス

 R3も格上に勝利し、2.5/3 と絶好調で突き進む中、南條君がR4の対戦相手となりました。南條君は、中学校からの同級生で、たくさん試合してきましたが、在学時代、ほとんど勝ったことがありませんでした。私がチェス界に戻ってからは、成績が違いすぎて当たれずでしたので、大会で試合するのは、高2以来と8年ぶりになります。久しぶりの対戦でしたが、どんな局面でも勝てるチャンスを作っていく彼の攻撃の鋭さは中学時代から変わっておらず、ああ…これが南條だったなあ…と改めて感じさせられる一局でした。


IVL 8th Round 4 R, Nanjo (2449) - T, Shioguchi (2010)

1. e4 e6 2. d4 d5 3. Nc3 Bb4 4. e5 c5 5. a3 Bxc3+ 6. bxc3 Ne7 7. Qg4 Kf8!? 8. h4

IVL8thR4_1.jpg

7.Qg4としてg7を攻撃。 e5に白ポーンが刺さっているため、Nf6とこのクイーンが追い払うことができず、キングサイドにアタックの機会が生まれます。

7... Kf8!?は、g7狙われたので守りましょうという手。他には、7...0-0、7...Qc7(g7を捨ててRg8とまわす)などありますが、私はこの手が気に入っていて実戦投入してみました。この手を選択する場合は、駒組みを終えるまでは黒から局面は開かず、Qa5やb6、Ba6で強い白の白ますビショップを交換したり、少しずつクイーンサイドを中心に改善していきます。キングサイドもKf8-g8とよったり、f6をついてKf7として、ルークをセンターにまわしたりいろいろとやることがあります。

8.h4 ここで南條君、なんだこれ?という顔をして1分くらい長考して攻撃的な手を指してきました。g7を守るためにNg6と飛ぼうものならh5と突いて追い払えるというもの。また、h1のRがh3-f3とキングの頭にダイレクトアタックしてくる準備をしています。この場合、白キングはKf1-Kg1という風に2手かけてよけることで囲いが完成します。(キャスリングの代わりです)

8...Qc7 9. Bd2 Bd7 10. a4?! cxd4 11. cxd4 Qxc2
1ポーンアップ。

12. Rh3 Qe4+ 13. Qxe4 dxe4 14. Rb3 Bc8?!
14...Bc6で普通に問題ありませんでした。 15.Bb5とぶつけられてビショップを交換されるとb7を守る駒がなくなり、プレッシャーが大変かと思いましたが、ぶつけられた場合、Bd5とかわせます。完全に勘違いです。

15. Ne2 Nbc6 16. a5 a6 17. g3 f6 18. Bg2 f5 19. f3 exf3 20. Bxf3 Kf7 21. Bb4 Rd8 22. Bc5 Nd5 23. Bd6 Na7 24. Rc1 Nb5 25. Bxd5 exd5 26. Bc7 Re8 27. Rc5 Bd7 28. Bb6 Rac8
29. Rxd5 には29...Be6としてエクスチェンジとれるので問題ないと判断。ルークを1枚かえて、Bc6と蓋をしてしまえば局面は固まり、ドローだと思っていました。

IVL8thR4_2.jpg

29. Rxd5 !?

・・・・Σ( ̄◇ ̄;  

29...Be6 30. Rdxb5 axb5 31. Rxb5 Bc4 32. Rb2 Bxe2 33. Kxe2

IVL8thR4_3.jpg

局面が固まり、ドローになることを嫌った白は、サクリファイスを決行。
白はエクスチェンジを失いましたが、非常に強力な2コネクテッドパスポーンを手に入れ、勝つチャンスを求めてきました。仮に危険を感じた場合はBc5として局面を閉じてしまえばいいのではないかとの判断だそうです。
小島君との試合でも、エクスチェンジを捨てて、ナイト+パスポーンvsルークで勝負する展開もありましたが、私はそういう考え方が根本からなかったのでアイデアとして取り入れていきたいと思います。

33... Rc3? 敵陣に侵入した手で自然に見えますが悪手でした。


【局面4】 白先白勝ちを示してください。

IVL8thR4_5.jpg

正解は、34.Bc5!
b7が受かりませんし、Rxb7がそのままチェックとなり、aポーンが強力なパスポーンとなるため、白勝ちでしょう。

34. Kf2 ?! Rec8 35. Bc5 Rc7 36. Rb6 g6 37. Rf6+ Kg7 38. Bf8+

IVL8thR4_6.jpg

私のキングがどんどん端へ追いやられています。このあたりの指し回しはとても丁寧で上手ですね。

38... Kg8 39. Bh6 Rc8 40. e6 R3c6 41. Ke3? Rd6 42. Kd3? Re8
[41. d5! Rd6 42. Kf3 Re8 43. Kf4 b5 44. Ke5 Ra6 45. d6 ++- ]
上記の変化なら容易に勝てましたが、キングを先に動かしに行くプランはミスです。ポーンが落ちてしまいます。

43. Rf7 Rdxe6 44. Rg7+ Kh8 45. Rxb7 Ra6 46. Bg7+ Kg8 47. Be5 Rxe5 ??
47...Rxe5ではなく、Rxa5としてから、エクスチェンジを返せば同じ側の同数ポーンですのでドローでした。

48. dxe5 Rxa5 49. Kd4 h6 50. e6 g5 51. Rb8+ Kg7 52. e7 1-0

最後の最後で間違えてしまいました。。。
負けはしましたが、エクスチェンジサクリファイスやいろいろと勉強になる試合でした。
サクリファイスをして失ったマテリアルとその代償の評価はよく分かりませんが、本などで学んでいくことにします。

教えられるほどになれば、取り上げていきたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。