FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1回クラブ選手権 R6 - 中盤の考え方

第1回クラブ選手権 R6 - 中盤の考え方

第1回クラブ選手権は、麻布OBチーム(桑田・汐口・東芝・篠田)の副将で参加しました。
優勝候補の東大OBチーム(松尾・塩見・中村(龍)・吉村)という強豪チームに敗北するも、最終ラウンドで5ポイントで並び、タイブレークにより優勝しました。
個人としても5勝1敗と好成績でレートを大きく戻し、全日本選手権で失われた分は補填できたかと思います。

今回は、面白い試合が多かったので何試合か紹介させていただきます。


第1回クラブ選手権 Round 6 
T, Shioguchi (2014) - D, Kanda (1818)


1. d4 Nf6 2. c4 e6 3. Nc3 Bb4 4. e3 O-O 5. Nge2 d5 6. a3 Bd6 7. Ng3 b6

Team1.jpg

この局面で自然に見える手は、展開されていない白ますビショップを展開し、キャスリングする手順です。
しかし、ここで「もっといい手はないか?」と模索します。というのもポーンの形が変わった瞬間に何か今までとは違うことが起こる確率が高いと私は考えているからです。
7...b6 とさされましたがこの手が意図するところは明らかで、展開されていないビショップをb7ないし、a6に配置しようというものでしょう。
そこで、b7に配置されたときのポーンの形について考えてみます。

今、自然な手の流れでビショップを展開し、キャスリングした変化について考えてみましょう。
[8.Bd3 Bb7 9.0-0 dxc4!]  [8.cxd5 exd5 9.Bd3 Bb7 10.0-0]
Team2.jpg   Team3.jpg

左側はcxd5をしない変化、右側はcxd5をした変化です。
こうして並べてみれば一目瞭然ですが、b7にセットしたビショップの利きを考えると黒のポーンはd5にいてもらったほうが有利になるでしょう。

ということで・・・

8. cxd5! exd5 9. Bd3 c5 10. Nb5!?

Team4.jpg

10.0-0でも問題ありませんが、1手加えました。
d6にいるビショップはキャスリングした後のキングの頭に攻撃している非常に強力なピースです。
また、白の問題点の1つであるc1のビショップをどこに展開すべきかと考えた際、b2またはc3に配置し、a1~h8のダイアゴナルを使うのがベストと考えました。その際に、c3のナイトはビショップの利きの妨げとなるので動かした意図もあります。
もし、黒が10...Be7と交換を避けた場合は11.Nf5と跳ねてこちらのナイトと交換しにいきます。11...Bxf5とされるのであれば、b7、c6と白ますを弱めた黒はそれをカバーする白ますビショップを失いますのでそれでも可と考えました。

10... Re8 11. Nxd6 Qxd6 12. O-O Bb7 13. b3 Nbd7 14. Bb2 Rac8

Team5.jpg

さて、図のようにビショップを敵キングに向けてプレッシャーをかける準備が整いました。
ここで注目すべきはb2のビショップとセンターポーンの形です。

[15.dxc5]    [15.Rc1 c4!? 16.bxc4 dxc4]
Team6.jpg Team7.jpg

左図のように、白からdxc5とすればb2のビショップがg7まで利きが通るようになります。
一方、右図のように黒からc4突きを許してしまえば、b2のビショップはd4で止められ、代わりに黒のb7のビショップの利きがg2まで通ることとなります。
現状は、c4と黒からすると1ポーンダウンとなってしまうため容易につけませんが、局面が大きく変わるところですのでこれを警戒しなければなりません。局面によっては1ポーン分の代償を得られる可能性もあります。
当面、白はc4突きを警戒しつつ、dxc5の選択肢を残したまま、相手に考えないといけない要素を増やしてプレッシャーをかけていこうという風に考えていました。
(小島君から検討戦で指摘されたのですが、dxc5はささっとして開くべきといわれました。)

15. Rc1 h6?!
15...h6?!は緩手です。f5に白の駒がとびこむスペースが残るため、ツービショップの利きを防ぐためであればh6よりはg6が自然と考えます。

16. Qf3 Qb8?
17...dxc4をスレットにしますが、クイーンがf3から動けばそれもなくなります。また、クイーンがb8と戦場から遠のいてしまい、かつ、次に動けるマス目もないため、あまり良い手ではないでしょう。ここでもf5のマス目を抑えるために17...g6が必要と考えます。

17. Qf5 Re6
白クイーンをf3-f5-h3とマヌーバリングして、f5のマス目にナイトを突っ込む形を目指します。

18. Rc2 g6
プレッシャーをキングサイドに残したまま、クイーンサイドに手を作りに行きます。
ルークを2枚重ねて、dxc5とワンポーンアップを狙います。

19. Qh3 h5??
ここで、プレッシャーからか、らしくない悪手が出てしまいました。これを咎める手は分かりますか?

Team8.jpg

20. Bxg6! Rce8 21. Bf5 1-0

20.Bxg6!に対して、20...fxg6とすれば、21.Qxe6でRが落ちてしまいます。
また、g6が抜けた地点で黒のディフェンスは崩壊してしまったのでここでリザインとなりました。

オープニングで白がもっとうまく指し回せる手は間違いなくあったとは思いますが、ポーンがぶつかりあったときのアイデアの1つとなれば幸いです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。